【腸活】

健康美人になれる腸活とは?善玉菌悪玉菌を知る&エサとなるモノは?

みなさんこんにちは!トミーです!

2019年とっても流行った言葉の中に『腸活』がありました!なんで流行語大賞にノミネートされなかったのか?不思議でしょうがないですw

そんな『腸活』の効果や行い方、最近トレンドになっている方法など色々とまとめてみたいと思います(^_-)-☆

善玉菌・悪玉菌とは?

私たちの体の中には善玉菌・悪玉菌の2つが日々腸の中で戦っています!

その善玉菌と悪玉菌のバランスで人間の健康は左右されているといっても過言ではありません。

善玉菌の代表といえば「乳酸菌」ですね!ビフィズス菌など色々な種類があり、悪玉菌の増殖や定着を防いで感染を予防したり有害な物質を体外へ排出したりと本当にたくさんの仕事をしています!

一方、悪玉菌は体に害を与える病原性大腸菌や黄色ブドウ球菌などです。腐敗物質の生産やろうかと深く関わっているのが悪玉菌ということです!

善玉菌が優勢な状況を作るためにも常に乳酸菌を中心に補給してあげることが有効です!

善玉菌と悪玉菌の名前の由来は魂?

そもそも菌の名前に「玉」という字がつくのに疑問を抱いたことはありませんか?

これにはちゃんと理由があります!

善玉悪玉の「玉」という文字、実は「魂」という意味が込められているそうです。

腸内細菌の研究者の方が「腸内細菌の姿はまるで人間社会の縮図のようだ」という事を思ってつけた名前だという事です!

善も悪もあくまでもバランスが大事!これが名付け親が命名した本当の理由だそうです!

いや~これは知らなっかったですよね(;’∀’)

善玉悪玉菌の名付け親は細菌学者

善玉菌悪玉菌の名付け親は細菌学者の方で「光岡知足先生」という方です。2019年時点で89歳!

ネーミングした理由としては「断定的だから。人間社会と同じように善玉もあれば悪玉もある、そう思って考え出した」という事です!

学者先生の感性っぽいですね~(;^ω^)

善玉菌を増やす「エサ」って何?

「良い腸内環境」とは何か?という事ですが、これはバランスがすべてです!

善玉菌2:悪玉菌1:その他の菌7

これを保つのが一番健康に良いとされています!

その状態にするためにも善玉菌を多く保つようにしなければなりません!その方法というのが『善玉菌のエサとなるモノを摂る』という事です。

善玉菌も生き物ですのでエサとなる物質が必要になります!

この餌というのを挙げてみると…

  • 発酵食品
  • オリゴ糖
  • ヨーグルト
  • 食物繊維

主にこの4種類です!

1つ目の発酵食品についてはこちらの記事をご覧ください(^^)/

健康美人を叶える食事や食べ方とは?発酵食品まとめ(^^♪みなさんこんにちは!トミーです(^^)/ 今回は健康美人を叶える食事についてまとめていきたいと思います! ここ数年よく聞かれ...
善玉菌のエサ『オリゴ糖』について

オリゴ糖は聞いたことがありますか?健康食品の説明文などで書かれていることが多いので結構ご存知の方も多いかもしれませんね(^^)

このオリゴ糖を摂ると良い理由は、ビフィズス菌はオリゴ糖をエサにしているという事です!ですのでオリゴ糖が多く含まれている大豆やゴボウ、アスパラガス、玉ねぎ、トウモロコシ、にんにくなどを積極的に摂取するように心がけましょう!

善玉菌のエサ『ヨーグルト』

ヨーグルトですが、これ自体がエサというわけではありません!

ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌やブルガリア菌が善玉菌を増やす直接の要因になっていますのでお勧めです♪

善玉菌のエサ『食物繊維』

食物繊維は善玉菌のエサの中でも特に重要なモノです。

エサとなる事以外にも悪玉菌と腸内の有害物質を減らす働きがあります!また、腸内で分解されると善玉菌のエサにもなりますのでとっても役に立つモノなんです!

ちなみに現在の日本人は食物繊維が足りていない傾向にあるので積極的に摂ったほうがよいと思います(^^)/

善玉菌のエサ・食物繊維の種類

食物繊維には主に2種類あります!

水に溶けやすい食物繊維が『水溶性食物繊維』

→ヌルヌルとした粘性と保水性が高いのが特徴。腸内細菌によって発酵すると短鎖脂肪酸になって大腸の細胞のエサになります!にんにく・里芋・わかめ・ひじき・寒天・果物などに含まれています

 

水に溶けにくい食物繊維が『不溶性食物繊維』

→水分を吸収して膨らみ、便のカサを増して排便を促してくれるのが特徴。穀類・豆類・たけのこ・とうもろこし・さつまいも・ブロッコリーまどに含まれています。

 

この2つをバランス良く摂ることも大切ですので気にしてみましょう♪

健康美人になれる腸活・善玉悪玉菌についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は腸活の大切な役割である『善玉菌・悪玉菌』に関していろいろお話させていただきました!

本当に大切だなぁと実感してるのは『バランス』ですね!何はともあれ、腸内細菌の比率「1:2:7」というのを常に意識しておけばおなかの中は本当に調子よく保てると思います(^_-)-☆

なんかお腹が疲れているなぁ…なんて思ったときは必ずと言っていいほどバランスが崩れていますのでぜひ気を付けてみてくださいね♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました!