話題

糖質カット炊飯器「シェンミ(ZENMI)」のメーカーは?味やサイズ掃除や他社比較

みなさん、糖質をカットしてくれる炊飯器ってご存知ですか?

 

ダイエット中の方・・・

糖尿病で糖質制限されている方・・・

糖質が気になりますよね(;^ω^)

 

そんな方へ、糖質カットしてくれる夢のような炊飯器があるんです!!

↓↓↓↓↓

糖質カット炊飯器

「ZHENMI(シェンミ)」です。

 

今回は糖質をカットしてくれる炊飯器「ZHENMI(シェンミ)」をさっそく紹介したいと思います♪

スポンサードリンク

糖質カット炊飯器「シェンミ(ZENMI)」とは?

一般的な炊飯器は、内釜を加熱し、中の水を沸騰させて炊きます。

 

「ZHENMI(シェンミ)」は、お米を加熱した後に内釜の湯を捨ててから、米を蒸し上げるという方法で炊飯します。

このお湯を捨てる工程がとっても大事!

 

お米を茹でると、お米に含まれる糖質成分がお湯の中に溶け出します。

いつもの炊飯方法では糖質を含んだお湯でそのまま炊くため、糖質やカロリーはそのまま残ってしまいます。

 

「ZHENMI(シェンミ)」の場合、糖質成分を含んだお湯を捨ててしまうので、大幅に糖質やカロリーをカットできてしまうんです!

 

糖質が溶け出したお湯が炊飯器下の排水タンク流れ落ち、高温蒸気が循環することでお米が蒸されます。

この独自機能「煮る→湯切り→蒸す」の3段階で、低糖質かつ美味しいご飯を炊き上げます。

 

通常の炊飯器でご飯を炊いた場合と比べて、糖質を最大44.0%カットし、カロリーを最大43.3%カットします。

 

炊飯容量についてですが、クラウドファンディングでの発表時には

最大で4合という事でしたが現在では最大で3合(お茶碗6~7杯)

へと仕様が変更されました!

 

まぁ、2人~3人くらいだと十分な容量ではないかと思います♪

早炊きも得意なので容量の問題は回数でカバーできますね(自分の場合はw)

「ZHENMI(シェンミ)」の糖質カット以外の機能について

 

・穀物ご飯/おかゆ機能/保温機能
穀物ご飯(雑穀米)やおかゆを調理するモード付。

・蒸し調理機能
ご飯だけでなく、野菜や魚介類などを蒸して調理することができます。

・高温蒸気洗浄機能
102℃の高温蒸気で、哺乳瓶や食器などの蒸気洗浄可能。

 

糖質カット炊飯器「シェンミ(ZENMI)」の製造メーカーについて

 

糖質カット炊飯器「シェンミ」を製造しているメーカーは中国の

「小米有品」という企業です。読み方は「YOUPIN」

「小米有品」は2019年にアメリカのクラウドファンディング企業と提携

して様々な販売ができるようになったという事で注目されています♪

記事によると…

小米有品はシャオミ傘下のECサイトで、良質な生活用品を取り扱う。前身は「米家(Mi Home)」アプリ内の「米家有品」で、ハードウェア周辺機器を販売していた。その後、2017年4月に独立したアプリをローンチ。現在は家電や日用品、インテリア、キッチン用品、飲料・食品など17カテゴリー、6000品目を取り扱っている。

引用元:36KrJAPAN

という事です!糖質カット炊飯器「シェンミ」を完全にこの企業が

製造しているのかまでは分かりませんでした~( ̄▽ ̄;)

 

しかし、同じ記事によるとかなり優秀な企業っていうのは理解でき

ました(;’∀’)

昨年10月10日には、ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「PaMu Slide(パムスライド)」を小米有品から599元(約9500円)で発売した。同製品はIndiegogoでクラウドファンディングを行い、これまでに595万ドル(約6億5000万円)の資金調達に成功していた。同月30日には、小米有品もIndiegogoを通じて家庭用フィットネス器具「Walking Pad(ウォーキングパッド)」のクラウドファンディングを行い、12月20日時点で126万ドル(約1億4000万円)を調達していた。

 

んん~儲かってますね♪

 

糖質カット炊飯器「シェンミ(ZENMI)」で作った米の味は?

一番気になるのが味ですよね!

糖質カットするのに炊飯した際のお湯を捨てるってことなので

個人的には旨味や香りも絶対落ちると予想してしまいますが…。

「シェンミ」の公式サイトの説明だと…

「ZHENMI(シェンミ)」を使って炊いたご飯は通常の炊飯器と比べて、少し甘さがスッキリし、香ばしい香りの仕上がりになります

という事です。

甘さがスッキリってどんな感じだよ!って思いますよね(;^ω^)

しかし、「シェンミ」はまだ日本に上陸していない段階(2020年時点)

なので、ほかの糖質カット炊飯器を使った方の感想を見てみると…

  • ごはんの味に関しては期待していなかったが、思っている以上に「あまみ」を感じました。ごはんの食感はやや硬めで粒感を感じることの出来る炊き上がりでした。

  • 味に関しては、普通の炊飯器との違いが分かりませんでした。

  • 一般的な炊飯器よりは、「あっさり」とした食感が特徴です。おかずによく合うので、味に関して不満はありません。

  • 「普通炊き」を使用。かなり柔らかく炊くことが出来ました。排水タンクの水をみると白濁しているので、これが糖質かな?と思っています。

  • ダイエット中なので、糖質を気にせずに食べれるので助かります!

  • 炊き加減が難しい、柔らかく炊けたり、硬すぎたり。好みの水加減を見つけるのが大変です。引用元:ピントル

という事でした!

美味しい!いつものお米と変わらない!という感じが7割といった

状況ですね( *´艸`)

これが本当なら糖質カット炊飯器を作る技術って本当に凄いんだなぁ

って思いますっ

 

個人的には、お米の代わりにカリフラワーライスを食べるより100倍

はこっちの炊飯器を選びたいですねw

スポンサードリンク

糖質カット炊飯器「シェンミ(ZENMI)」のサイズ感

      引用元:https://greenfunding.jp/

 

自分的にはいい感じのサイズなんじゃないかと(^^♪

 

糖質カット炊飯器「シェンミ(ZENMI)」の掃除のしやすさは?

内蓋や蒸気弁は簡単に取り外し可能で、窯の周りも拭き掃除がしやすく、清潔な状態を保つことができます。

内蓋が外せるのは絶対条件ですよねっ♪

 

糖質カット炊飯器シェンミと他社比較

糖質カット炊飯器「シェンミ」と他社の製品との比較を見てみます!

どこの会社と比較というよりは通常の(平均的な)炊飯器と比較!されて

います。

これを見ると…

★ご飯100gに含まれる糖質(でんぷん)★

  • 通常の炊飯器・・・43.4g
  • シェンミ(ZHENMI)…24.3g

★ご飯100gあたりのエネルギー量★

  • 通常の炊飯器・・・831kj
  • シェンミ(ZHENMI)…472kj

糖質は最大で44%カット!

カロリーは最大で43.3%カットです!

これが炊飯の途中でお湯を抜き取るという技術の素晴らしい

特徴ですね( *´艸`)

公式サイトでも紹介されていますが

1日2杯のご飯を食べると通常672キロカロリー

シェンミで炊いたご飯では最大43.2%オフの290キロカロリーが

無かったことにw

290キロカロリーを運動で換算すると軽いジョギングで約60分間

ですwめちゃくちゃキツい感じですよね苦笑

 

さらに1カ月換算では…

290キロカロリー×30日=8,700カロリー!

よくある角砂糖に置き換えると750個分!なんと2.3キロにも

なっちゃいますーーーー( ̄▽ ̄;)

 

1年に換算すると自分も震えてくるので自己責任でお願いします笑

炊く速さやサイズ感の比較について

シェンミ(ZHENMI)の炊き上がりスピードに関して見てみます

従来の糖質カット炊飯器の炊き上がりスピードは約40分くらいです

シェンミはなんと22分で炊き上げることが可能になっています!

 

この早炊きを可能にしているのが「ダイキン」の一体成形ザルを採用

しているからだという事です♪

919個の蒸気穴が施されていたり、ダイキン工業グループの

フッ素樹脂塗料コーティングがされているなど!

この技術力の恩恵は素晴らしいですね( *´艸`)

 

他の有名なメーカーの糖質カット炊飯器はだいたい38~45分くらい

炊き上げるのに時間が掛かっています。

これは糖質カットをする事にはしょうがないと思われていましたが

シェンミだけは爆速で炊き上げてきますね笑

 

シェンミの良いところはサイズが小さめ!というのもあります!

シェンミは正方形で1辺が30㎝前後ですが、平均的な糖質カット

炊飯器は高さが凄いです…

出典:価格ドットコムマガジン

この黒い炊飯器は糖質カット炊飯&蒸し料理対応の商品なので

大きくなっちゃった感じでしょうか?

※糖質カット炊飯器でバカ売れしているサ○コーの商品です

↓こちらは糖質カット炊飯器のみのバージョンアップ版

左の製品がそれです。

シェンミより高さが3㎝、奥行きも3㎝ほど大きい感じです

惜しいのが、大きいのに低糖質炊飯モードで1~2合しか炊け

ません!!

そして価格は約¥35,000です…。

 

こうやって比較すると「シェンミ」の凄さが分かりますね…。

後は実際に炊き上げた後の味がどうなるか…。

発売が待ち遠しい…。

 

 

一方でこんな意見もあるので参考にしてみて下さい。

湯に捨てる糖質と炊きあがったご飯の糖質割合いはほとんど関係なく、炊きあがるお米の量が目減りしているだけ。この炊飯器は単に水分多めに柔らかく炊いているだけですね。ご飯の水分量が多くなれば100gあたりの糖質量が少なくなるのは当たり前。おかゆなら糖質は100gあたり15.7gで糖質63.8%カットになります。



糖質カット炊飯器「シェンミ(ZENMI)」のメーカーは?味やサイズ掃除や他社比較まとめ

 

いかがでしたか?

 

「ZHENMI(シェンミ)」のポイント

独自の炊飯技術搭載でいつものお米で糖質44%・カロリー43%カット

22分スピード炊飯で時短

マルチ機能(穀物ご飯・おかゆ/蒸し調理/蒸気洗浄 )搭載

 

これまでと同じ量を食べても糖質を制限できるのは嬉しいですね♪

糖質やカロリーを気にせずお米が食べたいという方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか(^^)/

 

最後までご覧頂きありがとうございました★



スポンサードリンク