【逆転人生】

吉藤健太朗のWikiプロフや分身ロボットオリヒメの価格や購入方法は?【逆転人生】

2020年2月10日(月)22:00~放送の『逆転人生』に、世界が注目するロボット開発者の吉藤健太朗さんが出演されます。

アメリカ経済誌で田中将大さん、錦織圭さんと並び、“アジアを代表する30歳以上の若きリーダー”に選ばれているそうです。

放送ではスタジオに話題の分身ロボット『オリヒメも登場。

3年半の引きこもりで折り紙に没頭していた暗黒時代からの逆転人生とは?

早速、分身ロボット開発者『吉藤健太朗』さんのプロフィールや経歴と分身ロボット『オリヒメ』の価格や購入方法など紹介したいと思います。

スポンサードリンク

吉藤健太朗のWikiプロフィール/逆転人生

名前:吉藤 健太朗(ふじよし けんたろう)

別名:吉藤オリィ

生年月日:1987年11月18日

年齢:32歳

出身:奈良県

職業:株式会社オリィ研究所 代表取締役 CEO

趣味:折り紙

 

吉藤健太朗の経歴/逆転人生

吉藤健太朗さんは1987年11月18日生まれで現在32歳。

奈良県出身で小学校5年生から中学校2年生までの3年半、不登校を経験。

コミュニケーションもかなり苦手だったようです。

一日の大半を誰とも会うことなく、絵を描いたり、祖母に教えてもらった折り紙をしたり、オンラインゲームに打ち込んだりしていたそうです。

折り紙が得意だったことからのちに愛称『吉藤オリィ』と呼ばれるようになったようです。

不登校が続いていた中学1年生の時、母親の提案で「虫型ロボット競技大会」にに参加しみごと優勝。

翌年の2001年に「ロボフェスタ関西2001」の「虫型ロボット競技大会チャンピオンフェスタ」全国大会に出場し、準優勝を果たしました。

3年半もの引きこもりから抜け出せたのは、母親がきっかけだったんですね。

母親って凄いです!!

もの作りが得意だったとはいえ、優勝できてしまうあたり、才能を感じてしまいます(;^ω^)

 

奈良県立王寺工業高等学校に進学し、電動車椅子の研究に携わります。

2004年、ジャパン・サイエンス&エンジニアリング・チャレンジ(JSEC)で文部科学大臣賞とアジレント・テクノロジー特別賞を受賞。

世界大会であるインテル国際学生科学フェア(ISEF)でもエンジニアリング部門3位を獲得。

チーム研究として日本人初の快挙でした

スーパー高校生と話題になり、マスコミで取り沙汰されたのはこの頃です。

 

そしてこの車椅子の開発で高齢者が「孤独」を抱えていることを知り、人工知能を学ぶべく詫間電波工業高等専門学校に編入。

しかし、孤独を癒すには『人と人とをつなぐ新システム』が必要ではないかと疑問をもち中退。

早稲田大学創造理工学部へ進学します。

ここで遠隔操作できる分身ロボット『オリヒメ』(OriHime)を開発し、2012年、株式会社オリィ研究所を設立しました。

 

3年半もの引きこもりで吉藤健太朗さん自身も孤独を感じていたのでしょうね。その経験があったからこそ、人との繋がりが重要だと実感し、分身ロボットの開発に繋がったのでしょう。

「人と人の繋がりを作って孤独を解消する」という人生のテーマを見つけることができた吉藤健太朗さん、まさに3年半もの暗黒時代からの逆転人生ですね!

 

吉藤健太朗の『黒い白衣』が気になる!

吉藤健太朗さんのトレードマーク『黒い白衣』がとっても似合っていてカッコいいと思いませんか?( ´∀` )

なんでも話すのが苦手だった吉藤健太朗さんが高専のころ特注したそうです。

何着もあるらしいですよ♪

自分から話しかけるのが苦手なので興味を持ってくれた人が話しかけてくれるシステム!って考えることが面白いですね~笑

確かに気になって話しかけちゃうかもです!!

 

吉藤健太朗が開発した分身ロボット『オリヒメ』とは

孤独の問題を解決するツールとして2009年より「もう一つの身体」である分身ロボットを提唱し、「分身」による新たな社会参加を実現するために開発されたロボットです。

OriHimeは分身です。

子育てや単身赴任、入院など距離や身体的問題によって行きいところに 行けない人のもう一つの身体、それが「OriHime」です。

「誰かの役に立つことをあきらめない」
「寝たきりで声を失っても会話できる」
「今の自分に合った働き方ができる」

OriHimeは、距離も障害も昨日までの常識も乗り越えるための分身ロボットです。

引用:orihime.orylab.com
オリヒメ(OriHime)

オリヒメ(OriHime)は、生活や仕事の環境、入院や身体障害などによる「移動の制約」を克服し、「その場にいる」ようなコミュニケーションを実現します。

インターネット経由で手・首の向きを自由に動かし、相手と会話ができる、利用者にとっての分身となるロボットです。

 

マイク:周囲の音や声を聞くことができます。

カメラ:周囲の映像を見ることができます。

腕:「拍手」などのモーションの他、自由に動かすことができます。

首:カメラのついた頭を上下左右に動かすことができます。

スピーカー:自分の声を伝えます。

 

オリヒメの専用アプリを使うことでiPadなどから簡単に操作をすることができます。

 

オリヒメディー(OriHime-D)

OriHime-D(オリヒメディー)は、テレワークをしている人が遠隔で接客やものを運ぶなど、身体労働を伴う業務を可能にする、全長約120cmの分身ロボットです。

オリヒメ(OriHime)と同様にカメラ・マイク・スピーカーが搭載されており、インターネット経由で操作できるだけでなく、前進後退・旋回の移動能力があり、上半身に14の関節用モータを内蔵しています。

カフェでの接客やビル内での案内、作業現場を見回りながら指示を出すなど、身体を動かす必要のある業務のテレワークが実現可能です。

 

 

2020年1月16日(木)〜1月24日(金)の期間限定で、株式会社オリィ研究所が開発・提供を手掛ける分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」が実際にカフェのサービススタッフとして働く「分身ロボットカフェDAWN Ver.β(ドーン・ヴァージョン・ベータ)」を、渋谷「QFRONT」7Fの「WIREDTOKYO1999」にて実施していたようです。

もう終わってしまいましたが、実際お店に行って分身ロボットなるものを体験してみたかったです(;^ω^)

 

オリヒメアイ(OriHime eye)

OriHime eye(オリヒメアイ)は、眼や指先しか動かせない重度肢体不自由患者のための意思伝達装置です。透明文字盤をデジタル化したシンプルな操作方法で、PC操作をスムーズに行えます。

ALS患者や難病の方々と協力して開発した視線入力装置によって、透明文字盤を使うように文字を入力し、読み上げることができます。

透明文字盤をデジタル化したこの発明、本当に素晴らしい!!

介護する側される側両者にとって負担軽減になると思います。

こんなにもすごい開発をされた吉藤健太朗さんってとっても素敵な方で尊敬します!

スポンサードリンク

吉藤健太朗が開発したオリヒメの価格や購入方法は?

川田テクノシステム株式会社が分身ロボットオリヒメ(OriHime)の販売代理店契約をされているようです。

詳細はこちらからご覧下さい。

 

分身ロボットオリヒメ(OriHime)は、公式ホームページでレンタル受付をしていました。

料金等の詳細はこちらをご覧下さい。

 

OriHime eye(オリヒメアイ)は、補装具費支給制度対象者ならば1割負担で購入できるとのことです。

詳細はこちらをご覧下さい。

 

吉藤健太朗のWikiプロフや分身ロボットオリヒメのまとめ/逆転人生

いかがでしたか?

今回は世界でも注目されている吉藤健太朗さんが分身ロボットオリヒメと一緒に逆転人生に出演されるということで、彼のプロフィールやオリヒメについてまとめてみました。

3年半の不登校で孤独を味わったからこそ「人と人の繋がりを作って孤独を解消する」という人生のテーマができ、オリヒメの開発にも繋がっていくわけで、まさに逆転人生ですよね。

個人的にオリヒメを見ていると、とっても可愛く思えてきます!

愛着がわいちゃいます♡

吉藤健太朗さんも素敵な方で、とても興味を持ちました!

今後も更なる活躍を期待しています♪

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました☆